フォリックスFR16が一番効果ありました

女性向け育毛サプリフォリックス・ルグゼバイブと男性用育毛サプリメントは何が違う?比較してみた

女性が髪の毛のことで悩むのは普通のこと

男性の髪の毛の悩みは「薄毛」になってきたということがほとんどでしょう。
でも女性の場合はちょっと違って、もっと細かいんです。だからフォリックス・ルグゼバイブが人気なんでしょうね。

  • 髪の毛にハリやコシがなくなってきた
  • 髪の毛が乾燥しててパサパサしてる
  • 全体的に髪の毛が細くなってきて地肌が見えている
  • 思ったようにスタイリングができない

挙げるときりがありません。
若い頃から「クセがあってうねってる」とか、そういう悩みがある女性もいるでしょうけど、20代の後半にもなってくると、年齢的(加齢)による髪の毛の悩みも出てきます。

要因は様々ですが、例えばエストロゲンなどの女性ホルモンの影響です。
女性ホルモンの分泌が減少傾向に入る20代後半になると、髪の毛の質も変わってきますので、それに伴い悩みも増えるわけですね。

自分の中の女性ホルモンが減ってきてるなんて数値で分かるわけではありませんから、そういうふうに減ってくるものだということだけは覚えておきましょう。

女性向け育毛サプリは男性用とは成分が違う

男性用の育毛サプリといえば「ノコギリヤシエキス」などが最近は人気です。
女性用にも入っていることもあるかもしれませんが、男性向けの定番成分と言えるでしょう。
では女性の髪の毛に良いサプリにはどういう成分が入ってるのでしょうか。

女性にとって必要な成分を考えると、やはり栄養に関するものでしょう。
あとは女性ホルモンに関係するもの。
大豆イソフラボン、プエラリアあたりは女性向けのに入ってることが多いですよね。

あとは亜鉛やビオチン、コラーゲンなどもよく入っています。

もし、女性が髪の毛のためのサプリを買うなら、ボストンのように、女性の髪の毛用サプリとして発売されているものを選ぶほうがいいのではないでしょうか。

女性が髪の毛の健康のことを考えるならサプリより生活重視

男性の薄毛については、そう簡単に改善することは出来ません。
それは男性ホルモンが髪の毛を薄くさせようとするわけですから、いくら髪の毛に良い成分を補っても、男性ホルモンの力で薄くなってくるのはある意味仕方がない部分もあるからです。
その点、女性の場合、女性ホルモンの減少が原因の一つにはなりますが、それ以外の要因も大きいと思います。
睡眠、食事、ストレスなどですね。ストレスは出来る限り溜め込まないようにするしかありませんが、食事と睡眠は今日からでも出来る対策です。
食事については、時間的なこともあり、すぐに髪の毛に良い食事を始めるのは無理かもしれません。
でも睡眠は仕事の都合とかならどうしようもありませんが、ただネットで動画を見てるとか、本を読んでる、ゲームをしてる、テレビを見てるといった自分の都合によるものでしたら、改善することは可能です。今日から夜10時に寝る習慣にすればいいわけですから。

これは私の経験ですが、早寝早起きの習慣に変えると、確かに髪の毛の調子も変わってきます。
睡眠の質が髪にいい!サプリのみに頼るのはNG
それと肌の調子が違います。
一石二鳥どころか、3鳥にも4鳥にもなるのが早寝早起きなんです。

サプリを否定しているわけではありませんが、優先順位としては、「生活習慣>サプリ」と考えるべきでしょう。それが出来れば苦労はないのですが、意識しないとこういうことは実行できません。強い意志を持つからこそ、目標、ここでは髪の毛の再生ですが、それを達成できるのではないでしょうか。

育毛サプリも男性向けと女性向けがあるようです

男性と女性の薄毛の違いから見ていきましょう。
薄毛というと男性と思っていましたが最近は違います。ストレスや無理なダイエットの影響もあってか女性でも薄毛に悩む方が増えているようです。
髪の毛全体が薄くなる女性の薄毛ということで以前に書きましたが、原因自体がそもそも異なりますし、女性のほうが改善しやすいようです。男性の場合もAGAと違い、ホルモンバランスだったり、シャンプーを改善することにより太くなった、ボリュームが出たということもあるようです。
では育毛サプリを飲む場合に、男性と女性とではタイプが違うのでしょうか。まず、ここでいう育毛サプリとは、効果があるかは関係なく、髪の毛のサポートをしてくれそうなサプリのことをそう書いています。決して飲むだけで生えるとかそういう意味ではありませんので、ご了承下さい。
これは育毛剤にしてもそうですが、男性向けと女性向けとがありますが、それは原因が異なるからだと思います。女性の中でも人それぞれ原因が違うこともありますが、そもそも男女ではホルモンのことだったり違うことが多いので、区別して考えないといけないのかなと思います。
サプリタイプのによく入ってるノコギリヤシですが、これにもいくつかタイプがあるようです。一つは、前立腺肥大に良いと言われているタイプ。そしてもう1つは育毛に良さそうなタイプです。いずれにしても男性ホルモンに関係するようですので、女性が飲むと副作用とは言いませんが、予期しないことが起こりえますので、注意が必要ですし、控えたほうがいいのかもしれません。それ以外では聞いたことがありますが、やっぱりその辺は知っておいたほうが良さそうです。
例えば「Hatto」というサプリがありますが、これは男性でも女性でも飲めると書かれていました。やはりサプリは食品に分類されますので、女性にとか男性にとかは言えないのかもしれませんが、注意書きとしてこの辺りのことは記載してほしいところです。買って飲んでから気づいたのでは遅いですしね。
Hattoは2種類のサプリからなりますが、片方には、MSM(メチルサルフォニルメタン)やミレットエキスといった定番の成分が配合されています。あとは亜鉛やセレンなど補助的なものもあり、価格がちょっと高いように感じますが、人気があるのも納得できる内容かなと思います。それで効果があれば続けたいと思いますしね。最後に纏めますと、

  • 男性と女性とでは向いてる育毛剤やサプリが違うようです
  • 育毛サプリを選ぶ際も男女によって特徴が違います
  • 育毛サプリといっても決して生えるサプリではありません

このような感じでしょうか。育毛剤だけで効果が出てる人には必要ないものかと思いますが、もしサポートで必要な場合は参考にしていただければと思います。

女性の抜け毛の特徴

女性の場合は髪の毛全体で薄くなる特徴があるようで、髪型の影響もあるようです。
髪の毛全体が薄く透けて見えてくるというのが女性の一般的な脱毛症。しかし私の場合は長い間髪をひっつめてくくっていた部分が主に薄くなってきているタイプ。これは“牽引性脱毛症”別名ポニーテール脱毛とも呼ばれるものらしく、長期間髪をきつく縛ることで頭皮の決まった部分に負担がかかり、その部分だけ抜け毛になるというもの。分け目だったり強く引っ張る部分に起こるのだという。まさにコレだ( ̄□ ̄;)!!女性の抜け毛には他にも皮脂の過剰分泌により、頭皮に炎症が生じて起こる“脂漏性脱毛症”というのもある。食生活を脂質の少ないものに変えたり、正しいシャンプーを心がけ頭皮を清潔に保つことで改善されるというので、思い当たる場合は気をつけたい。脱毛のタイプにより保険が利くものときかないものがあるようなので、受診する場合は気をつけなければいけない。
男性の場合は前頭部から次第に後退してくる抜け毛のイメージが強いですが、女性はまた違った原因もあるようです。女性ホルモンなどもそうみたいですね。それにあわせていろいろな対策を考えたいところですが、育毛剤、サプリメント、シャンプー、マッサージなど考え付くだけでもいろいろあります。いろいろと発売されているものも多いので迷うところですが、育毛サプリメントもその一つですが、成分が自分に合ってるかなど気になるところではあります。